時代の流れに逆らう超小型スマホ POSH Micro X S240B

最近のスマホが大きすぎてウンザリです。昔のケータイやスマホは小さくて片手でサクサク操作できたのに。今の新しいスマホは、画面サイズがどれも5インチとかそれ以上で操作しにくいんです。ちっとも“スマート”ではありません。 そんななかこんななか、時代に逆行するような超小型のスマートフォンを発見しました。
 

手のひらサイズの超小型スマホ POSH Micro X S240B

POSH Micro X S240B
Posh Mobile
参考価格:7,500

比喩表現ではありません。本当に手のひらにスッポリ収まる超小型の端末です。画面サイズはなんと 2.4インチ!最近のガラケーより小さいです。
そしてこのお値段!サイズも価格も超コンパクトです。 気になるスペックはご覧のとおり。

OS  Android 4.4 Kit Kat
CPU  1.0GHz (2コア)
メモリ  RAM:512MB / ROM:4GB
本体重量  約52g
本体サイズ  約89×47×11.6mm
画面サイズ  2.4インチ
外部メモリ  microSDHC(MAX:32GB)
対応周波数  4G HSDPA+:850/1,900/2,100GHz 2G(GSM):850/900/1,800/1,900GHz
Wi-Fi  IEEE 802.11b/g/n
カメラ  リア:200万画素 / フロント:VGA
バッテリー  650mAh(着脱可)
その他  GPS:〇 防水/防塵:×

こんなに小さいのにデュアルコアCPUを搭載しています。
メモリが512MBと貧弱なのでサクサクとはいかないまでも、通話やメールといった最低限の用途には支障がなさそうです。
内部ストレージが 4GB とかなり少ないので、インストールできるアプリを制限する必要があります。32GBまでのSDHCカードを挿してストレージを拡張できますが、アプリをSDカードにインストールすることができません(Android 4.4 の仕様)。
OSが Android 4.4 なので「ポケモンGO」が遊べます。ただし、ジャイロセンサー非搭載なので ARモードは使えません。そもそもバッテリーがかなりの小容量なので、ポケモンGOには圧倒的に不向きなんですが・・・。

対応周波数に「4G」の文字がありますが、日本国内のLTEには非対応です。ドコモの3G回線で使用可能で、ドコモ系のMVNO(格安SIM)でも使えるはずですが、一部の格安SIMでは使えないという報告もありました。(本機は技適認証が通っていないので、MVNO各社では動作保証非対象です) かなりマイナーな機種かと思いきや、専用の保護フィルムも売られていました。

Crystal Shield Micro X S240
PDA工房
参考価格:980

低スペックなのでハードな使用には耐えられませんが、通話とメール専用のサブ機としては充分だと思います。カラーバリエーションも揃っていますし、小さいサイズなので子どもに持たせるのにもちょうどいいかもしれませんね。

今回紹介した POSH Micro X S240B は「技適認定」を受けていない端末です。日本国内で使用すると電波法に抵触する可能性があります。

0 件のコメント :

コメントを投稿